こころ動く その2

こころ動く

 

なぜ僕はこんなところにいるのだろう。

なぜ僕はこの本を見ているのだろう。

自分の行動に疑問を抱いていた。

インドの本だ。

「地球の歩き方」 

その方面では有名らしい。

細かく地方での見所や行き方、いくらかかるかなどひと目でわかる。

旅に出るには必要な本だと思う。

でも何で僕は本屋にいてこの本を手にとっているのだろうか。

自分でもわからない。

インドに行きたいのかな。

僕が?

そんなわけない。

縁もゆかりもない場所。

こんなところに行ったって何にもないよ。

そう思っていた。

でも見ていた。

「冬休み何日あったっけな?」

「1週間あれば行けるかな?」

そんな事を考えてしまった。

いつもは出来ない理由を探しているのにこの時だけは出来る理由を探していた。

何でだろう。

こんなこと考えてもいなかった。

でもテレビで見る彼はカッコ良かった。

毎週欠かさず見ていた。

ニャンに会えるくらい待ち遠しかった。

見た後に必ず本屋に行っていた。

他の本も見てみたかった。

もしかしたら現実を突きつけられて行きたくなくなるかもしれない。

そんなことはなかった。

むしろインドのどこに行こうか選んでたくらいだ。

彼と同じようにデリーからコルカタにしようか、でも1週間しかないから多分時間が足りないな。

デリー→ジャイプール→アグラ

このゴールデントライアングルと呼ばれているところなら行けそうだな。

ビザって必要?

バッグパックないじゃん。

お金いくら必要かな?

こんなことばかりを考えていた。

あれ?

行けそうじゃない?

行けるね。

いつの間にかレジで地球の歩き方を買ってしまっていた。

家に帰ってずっと見ている。

行きたいな。

素直にそう思ってしまった。

仕方ない。

行こう。

今回限りだよ。

何かが変わっていった。

つづく。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました