こころ動く その6

こころ動く

 

せまい世界で生きていく。

それも悪くない。

その中で平凡に人生を終えるのも良いであろう。

そういえば旅番組をよく見ていた。

自分が旅行をした気になっていたからだ。

それで満足だったからだ。

テレビは演出がうまい。

プロだから。

でも今はネットでこの状況や写真など確認できる。

簡単に。

パソコン一つで仕事が出来、そして旅をした気にさせてくれている。

素晴らしい道具だ。

全然うまく使えないけど。

使えたら良いなとは思っていたけれど難しいイメージがあって敬遠していた。

スマホもそうだった。

ネットだけできれば良いやと思っていた。

人は道具を作りその道具を使って進化をしてきた。

本当は人間は他の動物と比べるとかなり弱い。

どんな動物よりも先に絶滅していたのではないかと思うくらいに弱い。

しかし現在は生物界のトップに立っている。

頭を使っていたからだ。

仕事でも一緒。

パソコンをうまく使っている人や数字を扱っている人が比較的サラリーが高いと思う。

例外はいくらでもあるがそういうイメージ。

でも今まで買おうとも思わなかった。

やろうとも思わなかった。

難しいと思っていたから。

だからダメなんだよね。

インドはIT大国だという。

そんなイメージを全然持てない。

日本人から見ると申し訳ないが彼らを上から目線で見ている。

彼らは日本人をどう思っているのか分からない。

ただお金を持っているとは思われているだろう。

せっかく旅行をしに行ってインドに行ったのに来てくれてありがとうという気持ちよりもいいカモが来やがった。

いくら持ってるんだろうな、いくらくれるんだろうなという姿勢しか感じない。

僕は少なからず日本人としての教育は受けてきた。

外国人の気持ちなどわからなかった。

それは仕方ない。

僕は日本人だから。

まだ行ってもいないのにこんなにインドのことを考えている。

好きなの?

怖いの?

楽しみなの?

不安なの?

答えは全部です。

別に死ぬわけじゃないんだからそんなに考えなくてもいいのにな。

つづく。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました