気付き その4

気付き

最近は雨だらけだ。

外に出れば雨。

休みの日も雨。

仕事に行く時も雨。

車の運転にも気を使う。

歩きでも車道からはねてくる水しぶきにも気を使う。

雨の中を歩くのは好きなのだが僕が住んでいる県は車社会なので水が跳ねてくる事が多いのだ。

ちょっとした水しぶきくらいだったらいちいち文句は言わない。

少しはねてきただけで警察に電話したりする人もいるだろうがそこまではしない。

休みの日はわざわざ人通りの少ないところに行ってゆっくり歩く。

雨が空気中のホコリを落としてくれて空気がキレイな気がする。

これがまた気持ちいいのだ。

出来れば田舎に行きたい。

もし土日の休みがあったら遠いところに行って旅館にでも泊まってその街をゆっくり散歩したい。

うちの会社はいつも忙しいのでなかなか土日休みが取れない。

あったとしても何かしら用があってどっちかの日がつぶれる。

長期休暇もあるがどこかで急に休日出勤が入ったりするので事前に予定がたてられない。

でもよくよく考えたらその1日出勤したからって全てが変わるわけないしそれだったら最初からスケジュールを管理して残業を多めにして長期休暇はしっかり取ればいい。

しかし今の製造業はその時に多く作っても基本的な会社のスタイルとして在庫は作らないというものがある。

それはよく分かる。

しかし人が出勤することの方がコストは高くなるのではないのかと思う。

ヒト、モノの動きを把握しなければ会社の儲けは少なくなる。

製造現場にいる側からの意見で言わせてもらうと人件費が1番高いのだからそこだけを見ればいいのではないのかと思っている。

いくつも手を出して全てを上手く動かしていこうと思うと逆に何も上手くいかないような気がする。

思っているほど人は優秀ではない。

優秀だと思う人も結局その人の部下が優秀なのだ。

指示している人が全部動かしているのであれば相当優秀だと思うが僕はそんな人はいないと思っている。

しかし世の中はだいたい指示している人の方が評価は高い。

そういうモノなのだ。

指示している人は基本的に頭が良く回転が速い。

それは良く分かる。

しかし仕事の中では知識の出し合いみたいなところがあって俺の方がいろいろ知ってるんだぜ的な話の内容はいらない。

その時間もったいない。

会議や打ち合わせがあるのなら議題に対してだけ話し合いをすればいいのだ。

今も話が飛んでいってしまっているのだが。

なぜ全然関係のないことを話してそっちの話で盛り上がるのだ。

そこが論点ではないしそこで勝負して勝ったとしても何も残らない。

仮に話しているは良しとしよう。

まわりの人の時間のことを考えたら時間がもったいないな。

時間を返せとはまさにこのことだ。

僕もこの無駄な時間を何回も経験している。

意味がない。

この時間少しでも機械を動かせればその方が良かっただろう。

機械とは言いながら自動ではないのだ。

1つの機械に1人がついていなくてはいけない。

それって機械なのだろうか。

僕の持っている機械というのは全自動なのだ。

まぁこれは次にしよう。

このことについては言いたい事があるのだ。

つづく。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました