南の北へ その10

南の北へ

チキンソテーを食べ終えた。

美味しかった。

ビールを3杯も飲んだのなんていつ以来だろう。

僕はもともとビールが好きな方ではない。

みんなと飲みに行く時はだいたいハイボールか焼酎の水割りだ。

このくらいのビールを帰ってから探そう。

もしくは通販で売っているかどうか確認してみよう。

お会計を済ませて外に出た。

ここであることに気づいた。

さっきのお会計は12ドルだった。

チキンソテーとライスが6ドル、ビールが1杯2ドル。

3杯飲んだから6ドル。

合計で12ドル。

この時のレートは1ドル103円。

日本円でいうところの約1250円。

安いじゃん。

普通こんなに食べて飲んでこの値段でお会計出来るところってないと思う。

いろいろな意味でここは遊びやすいということなのかな。

でも、もしここで働いたりすればここの労働者と同じ給料で高く感じてしまうのかもしれない。

ここの平均給料がいくらなのかは知らないけど。

そういうふうになっているのだと思う。

日本の給料でたまにこういうところで遊んで帰るから楽しいしまた来たいって思うはずだ。

若いうちにここに移住しようなんて思わない方がいいんだなって思った。

海外での生活は憧れるけど甘くはないよとも思う。

外を散策しながらそんなことを考えていた。

コンビニエンスストアに入りお菓子とコーラを買って帰ろうと思った。

そうしたらコーラの棚の隣にはビールがあるじゃないか。

もちろんアンコールビールもある。

缶で1回飲んでみよう。

1本取ってコーラとお菓子と一緒に買ってみた。

ホテルへ帰る途中で風俗店の呼び込みに誘われた。

入らないとは決めていたもののいる女の子の写真だけは見てみたいとお願いした。

呼び込みの男は女の子のリストを写真付きで見せてくれた。

何というか可愛いんだけど日本とは違う可愛さというかちょっと言葉で表現できない。

僕が日本人に慣れてしまっているからなのだろうか心の底から可愛いとは思えなかったしこの女の子達と関係を持つことはできないと思った。

僕がカンボジアで暮らしていてこの人達と接点があったとしたら受け入れたと思うが今の僕はなかなかそうはいかない。

とりあえずホテルへ帰ろう。

いくつかの呼び込みのお誘いをスルーして僕は部屋に戻った。

いくつかと言ったがとりあえず全ての女の子の写真は確認済だ。

どうしようもなくいやらしい男だ。

仕方がない。

そういうもんなんだよ、男って。

バカだな。

コンビニで買ってきたものを全部食べて飲んで僕は寝る。

明日は念願のアンコールワットだ。

朝早くから2日間楽しもう。

そのあとはタイに行く予定だがそこでは何も予定はない。

というよりはタイのことを全然知らない。

アンコールワットを見終わったら考えよう。

4杯目のビールを飲み終え僕はいつの間にか寝てしまった。

つづく。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました