フィリピン 人との恋愛について

フィリピン

みなさんこんにちは。

今回はフィリピン 人女性との恋愛について書いていきたいと思っています。

いま僕はフィリピン 人女性と付き合っていますので個人的な主観からになってしまいますがリアルなものだと思っています。

まずはフィリピン 人女性はとても優しいです。

もともとこの国の人たちは温厚で優しく家族を大切に思っている今の日本人が失ったであろう心を持っている人達です。

そんな彼女たちを見て心を奪われる男性も多いのではないでしょうか。

それは僕も同じだったし素直にそんな彼女たちが魅力的に見えます。

正直いうと言葉の壁がありこれが結構難しくなってイライラすることがあります。

彼らはフィリピン特有の言語であるタガログ語と英語を話すことができます。

しかしフィリピン人女性を好きになる大体の人は言葉も満足に話せない人が多いです。

少し日本語を話せる人がいます。そういうフィリピン 人は純粋に本気で勉強しているかカラオケ(KTV)で日本人相手に商売をしている人になります。

だいたい話し方でわかります。

それでも日本語が少しでも分かってくれる女性に会うと嬉しくなってしまうのです。

自分が話すことができないから。

一概に全てとは言いませんがカラオケ(KTV)で働いている女性と一緒になるとろくなことになりません。

彼女たちは何に対しても一生懸命です。

人間に対しても仕事に対してもお金に対しても。

綺麗な女性が一生懸命なところを見ると惹かれてしまうのは男性として当たり前のことですが1度気持ちを抑えて冷静になれるようにしたいところです。

日本人の男性がフィリピン人女性にハマっていくパターンとして場所が日本から始まる人がいます。

日本にあるフィリピンパブでの出会いで惚れてしまいますが彼女は基本的にビザの関係で3ヶ月間しか日本にいることが出来ません。

そのフィリピン人女性に恋をしてしまいフィリピンまで追いかけてくる人が多いです。

日本の仕事で嫌な人間関係も多く全てを投げてでもくる人、長期連休を利用して旅行ベースで来る人、フィリピンに仕事があり出張ベースで来る人。

それぞれの状況によって異なりますが理由は一緒です。

そしてそれが初めてのフィリピンだった場合には少し衝撃を受ける人もいると思います。

こんなところで生活しているんだと。

予想以上に衛生面の悪い環境の中での生活、移動や書類審査など全ての面において日本とは違う遅さや難しさを実感して帰る人が多いです。

しかし何やら昔懐かしい日本を見ているような人々の活気に惹かれていきまた来るようにもなります。

女性の大半は問題を抱えています。

その女性自体に問題はなかったとしても家族に問題があることが多いです。

男性が日本に帰った後にメールやラインで最初は寂しいなどの甘い言葉でやりとりをしているものの次第に家庭の事情を話題にしてきてお金が足りないことになっていきます。

仕事がなくて生活が厳しい。

親の暴力が止まらない。

私1人で家族と親戚の分まで食べさせて行かなくてはならずどうにもならない。

また日本に行きたいがお金がなくて行けない。

女性は何かと理由をつけてきて援助をしてほしいとお願いしてきます。

本当かもしれません。

でも信じない方がいいと思っています。

彼女が嘘をついているとは言いませんが信じない方がいいです。

僕は人の面倒を見てあげられるほど経済的に余裕がありませんので無理です。

一般的なフィリピン人が貧乏であることは間違いありませんが仮にサポートをしたとして何が自分に残るのだろうとか考えてしまうと虚しさだけが残る感じです。

日本にいるお客さんにそういう連絡が行くということは他の日本にいる日本人にも同じ連絡をしているだろうしフィリピンにいる日本人にも連絡をしている可能性があります。

僕の知っているフィリピン人女性はいろんなお客さんにiPhoneを1つずつ買ってもらう。それは同じ色を選んでおいて1つを残して全てネット販売で売りさばいたり家族にあげたりしているそうです。

頭がいいというかなんというか。

そして彼女たちはFacebookやラインでつながってきます。

しかし実態はそれ専用のFacebookのアカウントであって彼女たちは3つも4つもアカウントを持っています。

なぜかというと付き合っていた男と別れると新しいアカウントを作り昔の男との連絡を遮断するが時間が経つとそのアカウントから昔の男とまた関係を持ったりしているというFacebookを便利に使いこなしているようです。

お金が必要なのは本当なのですが日本人の僕から見て何か違うものを感じてしまうのです。

違和感というやつですね。

あとはフィリピンにいる日本人に近づいてくるパターンです。

日本人の駐在員のほとんどは3年から5年で帰任してしまいます。

駐在員は日本の会社所属なので住むところも平均以上のコンドミニアムに住めますし車も運転手付きで用意される。

もしその駐在員が単身赴任や独身だった場合にはある意味標的になることは間違いない。

駐在員と付き合えればその部屋は1日中使えるしエアコンやWi-Fiは使い放題だ。

彼女たちの生活している場所と比べてしまうと天と地の差がある。

中には付き合って部屋が使えるようになって駐在員が仕事で部屋を留守にしている時間は家族を呼んで一家団欒を楽しんでいる女性もいる。

悪い意味で表現すると寄生されたということだ。

もし寄生されてしまうと後に戻れなくなる日本人が多い。

彼女のことは好きだがその家族は別に好きでもなんでもないという日本人が多いだろう、しかしあまりそこを注意すると女性は私のことが好きなら私の大切な家族も好きになってほしいと言ってくるパターンがほとんどだ。

男はその女性が好きなことに変わりはないから仕方なく受け入れて駐在期間中はその家族との時間も作らなくてはならなくなりストレスを感じて爆発させてしまうこともある。

そしてトラブルになる。

喧嘩になって警察やバランガイ(地域自治会のようなもので地域の中では非常に権力が強い)に行かれる。そうすると日本人はフィリピンでは外国人なので非常に弱い立場になる。

たとえ日本人の言い分が我々から見て真っ当なものであったとしても文化も違うし果たして自分の言い分を相手にどれだけ伝えられるかという言語能力の限界も感じてしまう。

彼女たちや一般的なフィリピン人は常に被害者の意識が強い。

もともと生まれた時からこんな貧困な生活をしていればそんな気持ちが強くなるのも当たり前だ。

そして警察もバランガイも基本的にはフィリピン 人を守る。

同じ国の人間だから。

他の外国人のせいにしておけばとりあえず何とかなると思っている。

自分たちは常に被害者だから。

そんなこんなで日本人駐在員をはじめとしたフィリピン人女性に落とされてしまった人は在任期間中は肩身のせまい思いをしながら生活をしていくしかない。

そして最後は消えてしまうパターンもある。

男性はフィリピン人女性に惚れてうまくいったら付き合うことになる。それ自体はすばらしいことだしさずかし楽しい人生になると思う。

ある程度一緒にいて幸せな時に急に彼女から実家に帰らなければいけなくなったと連絡が来る。

男性は突然のことで何が何だか分からなくなる。

仕方なく受け入れてしばらくは我慢しようと思いいくらかのお金を渡して彼女との少しの別れを受け入れる。

彼女はその時にあまり理由は言わない。

別れてから少したった時に実家のお母さんが入院しなくてはならなくなって心配で帰ったと連絡が来る。そして入院費が足りないと言われる。

その時はいくら必要とは言わない。

もし男性からいくら必要なんだとか聞かれたならこの作戦にまんまとかかったようなものだ。

最初は少ない金額を言ってそのうちだんだん母親の容体が悪くなってきているので大掛かりな手術になるのでもっとお金が必要となる。

男性の親切心にうまく入り込んだとしたら女性の勝ちだ。

男性はまわりが見えなくなってしまい自分の目の前にはいない人間に対して果てしない金額の援助をしてしまう。

本当に彼女の実家の母親が入院しているかも確認しないで援助してまう。

1回冷静に考えてみればその病院まで行ってみれば真実は理解できるし病院まで行けなかったとしても払ったお金のレシートは必ず出てくるのだからそのレシートを見せてくれとお願いすればいいだけのことだ。

そして借金をしてまで援助をして男性までもトラブルになるケースも多々ある。

まわりが見えなくなってしまった男性が悪いのかそれほどまでにフィリピン人女性に魅力があったのかは分からないがこれは事実であり多くの報告例がある。

いずれにしてもフィリピン人がお金に困っていることに変わりはなく貧困なのは間違い無いのだがお金がなくても彼らは何とか生きていっている。

厳しい目線で見てしまうと入院することになって入院費用が払えないのなら自分たちで借金すればいいのだ。しかし現実問題社会的立場が弱いから彼女は借金できないだろう。

お金がなくなれば入院もできないし死を迎えるしかないのだ。

彼女の母親が入院しているのが本当だったとしても結婚しているわけでもなければ男性にとって大切な人でもない。

冷たいと言われればその通りだが入院できなければ死ぬしかないのだ。

諦めて下さいと遠回しに理解してもらうしかないしそれでも男性を責めるようであれば彼女とは別れるしかないと思う。

別れることができないからトラブルになると思うのだが。

日本人の変な優しさがそこにはある。

僕自身フィリピン人女性と交際をしていてやはり難しいなと感じることはいっぱいある。先ほどのパターンになる可能性だってある。

自分でこの記事を書いておいていうのも何だが危険はすぐ先にあるということを肝に銘じてこの先もフィリピン人との付き合い方を考えながら生きていくと思う。

ここで最後に言いたいことがある。

反対意見もいっぱいあるだろうが僕は言いたい。

僕はフィリピン人のことが嫌いではない。

そのことを前提に話す。

今までこのフィリピンで何十人の日本人男性がフィリピン人と交際や結婚をしてきているのを目の前で見ている。

しかし幸せになった人は1人もいない。

以上。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました